スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生物言語学の展開

生物言語学の展開 -生成文法から見た言語発生の諸問題-

論文 by 藤田 耕司

http://www.origin-life.gr.jp/3102/3102j.html
スポンサーサイト

THE LINGUIST LIST by Eastern Michigan University

http://linguistlist.org/issues/18/18-169.html

BIOLINGUISTICS

http://www.biolinguistics.eu/index.php/biolinguistics/index

wiki info

Biolinguistics is the study of the biology and evolution of language. It is a highly interdisciplinary field, including linguists, biologists, neuroscientists, psychologists, mathematicians, and others. By shifting the focus of investigation in linguistics to a comprehensive scheme that embraces natural sciences, it seeks to yield a framework by which we can understand the fundamentals of the faculty of language.

生物言語学(せいぶつげんごがく、biolinguistics)は言語学において認知科学や生成文法に近しい学派が行っている研究。神経科学・生物学と生成文法で仮定されている言語能力とを結びつけ、脳科学・生物学の知見によって言語能力の存在、機構、起源などを解明しようと試みている。

Origins

The biolinguistic perspective began to take shape half a century ago, among the linguists influenced by the developments in biology and mathematics.[1] Eric Lenneberg’s Biological Foundations of Language remains a basic document of the field.[2] In 1974, the first Biolinguistic conference was organized by Massimo Piattelli-Palmarini, bringing together evolutionary biologists, neuroscientists, linguists, and others interested in the development of language in the individual, its origins, and evolution.

Developments
Recent work in theoretical linguistics and cognitive studies at MIT construes human language as a highly non-redundant species-specific system. Noam Chomsky’s latest contribution to the study of the mind in general and language in particular is his minimalist approach to syntactic representations. This effort to understand how much of language can be given a principled explanation has resulted in the Minimalist Program. In syntax, lexical items are merged externally, building argument representations; next, the internal merge induces movement and creates constituent structures where each is part of a larger unit. This mechanism allows people to combine words into infinite strings. If this is true, then the objective of biolinguists is to find out as much as we can about the principles underlying mental recursion.

Hypothesis
It is possible that the core principles of the language faculty can be correlated to natural laws (such as for example, the Fibonacci sequence — an array of numbers where each consecutive number is a sum of the two that precede it, see for example the discussion Urigereka 1997 and Carnie and Medeiros 2005).[4] According to the hypothesis being developed, the essential properties of language arise from nature itself: the efficient growth requirement appears everywhere, from the pattern of petals in flowers, leaf arrangements in trees and the spirals of a seashell to the structure of DNA and proportions of human head and body. If this law applies to existing systems of cognition, both in humans and non-humans, then what allows our mind to create language? Could it be that a single cycle exists, a unique component of which gives rise to our ability to construct sentences, refer to ourselves and other persons, group objects and establish relations between them, and eventually understand each other? The answer to this question will be a landmark breakthrough, not only within linguistics but in our understanding of cognition in general.

Critics
David Poeppel, a neuroscientist and linguist, has noted that if neuroscience and linguistics are done wrong, there is a risk of "inter-disciplinary cross-sterilization", arguing that there is a Granularity Mismatch Problem, as different levels of representations used in linguistics and neural science lead to vague metaphors linking brain structures to linguistic components. Poeppel and Embick also introduce the Ontological Incommensurability Problem, where computational processes described in linguistic theory cannot be restored to neural computational processes. Poeppel suggests that neurolinguistic research should try to have theories of how the brain encodes linguistic information and what could be cognitively realistic computation.

People in biolinguistics
David Poeppel, University of Maryland
W. Tecumseh Fitch, University of St. Andrews
Marc D. Hauser, Harvard University
Philip Lieberman, Brown University
Derek Bickerton, University of Hawaii
Kenneth Wexler, MIT
Ray C. Dougherty, New York University (NYU)
Alec Marantz, NYU/MIT
Andrew Carnie University of Arizona
Charles Reiss, Concordia University
Michael Arbib, University of Southern California


http://en.wikipedia.org/wiki/Biolinguistics

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E7%89%A9%E8%A8%80%E8%AA%9E%E5%AD%A6

脳科学基礎論としての生物言語学 Biolinguistics as Foundation of Brain Science

http://www.amazon.co.jp/%E8%84%B3%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E8%AB%96%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E7%94%9F%E7%89%A9%E8%A8%80%E8%AA%9E%E5%AD%A6-Biolinguistics-Foundation-Brain-Science/dp/488361543X




出版社/著者からの内容紹介

自然言語を対象とするメンデル遺伝学的アプローチである生物言語学(ノーム・チョムスキー(米国の言語学者、思想家、政治活動家)が半世紀程前に先鞭をつけた生成文法モデルはその有力候補)を、脳科学基礎論として位置づけて紹介しています。対象となる読者は、言語学、日本語学の研究者、学生だけでなく、認知脳科学関連分野の研究者、学生の皆さんです。自然言語は、自然が38億年かけて自己組織化してできた複雑系、カオス系であるヒト脳の働きです。ヒト脳は自然物(蛋白質のかたまり)です。自然物の法則は経験科学の中の自然科学的方法で調べる必要があります。ですから、文法研究(ヒト脳の自然言語システムの法則とメカニズムの研究)は自然科学の方法で調べる必要があります。例えば、畠山雄二(言語学者)は「ら」抜き言葉がヒト脳の自己組織化の結果であり、単純な法則を遵守している現象であると述べています。自然言語研究は、ヒト脳という複雑系、カオス系の研究ですから、フラクタル、フィボナッチ数列、自然数、虚数、虚時間、対称性、エントロピー、ネゲントロピー、離散無限性、コンピュータ、DNA、素粒子構造、化学反応、共有結合、物質・反物質間の対消滅など、数学、物理学、分子生物学、化学などの概念や現象と密接に関係します。本書では、これらの数学や自然科学のテーマと、自然言語研究が如何に深い関係にあるかということを説明し論じています。自然が38億年かけて創造した自然言語システムが、人間が自然言語に頼りながら作った数学や論理学などの人工言語システムと決定的に異なるには、前者には、広義の音(聴覚情報、視覚情報、触覚情報)と意味の計算解釈とは関係のない解釈不能な構造素性(uF: uninterpretable feature)が存在していることです。uFは自分を消去することによって言語構造を構築していく駆動力(エンジン)です。ヒト脳という蛋白質のかたまりに自己組織化を通して発生した自然言語システムには、情報計算の癌化(結合による無限の構造形成が生じ歯止めが利かなくなった状態)という突然変異が進化上生じた可能性があります。米国シカゴ大学のハワードヒューズ医学研究所のBruce Lahn博士らの研究によると、約185万年前にアウトライヤー遺伝子(DNA配列の変異速度が非常に速いことで有名)を突然変異によって獲得したヒト祖先の脳だけが巨大化した可能性
が高いということです。言語構造の中には抗体(善さ菌、小林恭(哲学者)の用語)の働きをするuF(善さ菌uF)があり、善さ菌uFは自分と同じ性質を持つuF(バイ菌uF、抗原)を探し出し、照合する。その結果、善さ菌uFが消去、バイ菌uFが削除(完全消去)される。そのuF消去の度に構造が構築されます。脳が典型的な免疫システムであることを考えれば、脳内の自然言語システムで抗体・抗原反応が生じていることはむしろ自然です。本書は更に自然言語システムでは化学的な相転移や共有結合と同じ現象が観測されると論じています。中田力(脳化学者)によれば、無意識が脳内の水分子が結晶化した状態であることを最初に発見したのは、ライナス・ポーリング(米国の化学者)です。文を計算式とみれば、計算式の解は意識できる(音と意味は解釈できる)が、その計算法則に関しては無意識である(構造形成の法則やメカニズムや構造は意識できない)のが、自然言語システムです。もし、意識・無意識の問題に水分子の結晶化の度合いが関与しているのなら、自然言語システムの中で、物理化学的な法則(エネルギー最少の法則など)が関与していることはむしろ自然です。本書では、上に述べた数学や自然科学の概念や法則が自然言語分析と深く関わっていることを、日本語(寺村秀夫(言語学者)の知見に支えられつつ)、英語、ヒンディー語などの具体的な言語データを観察しながら論じています。







著者からのコメント

デーヴィッド・ライトフット(米国の言語学者)によれば、生成文法モデルは、19世紀のメンデル遺伝学のアプローチを採用しています。メンデルは、エンドウ豆やミツバチの交配実験を行い、目に見える表現型(エンドウ豆やミツバチの外面的な性質、フェノタイプ)の徹底的な観察、統計作業を行うことで、目に見えない遺伝子型(遺伝因子(後のDNA)、遺伝法則、ジェノタイプ)を発見しました。堀田凱樹(遺伝学者)と酒井邦嘉(脳科学者)によれば、19世紀のメンデルが、家内工業的な交配実験と原始的な統計作業を通して、3:1という美しい整数比の遺伝法則を発見したことは驚異に値します。現在の自然言語研究も、メンデルに倣って、表現型(ヒト脳の文の容認性反応)を徹底的に観察することを通して、ヒト脳の遺伝子型(ヒト遺伝子の働きによって発現する、媒介変数(パラメータ)設定前の普遍文法(UG: Universal Grammar)、どんな個別文法を生み出すニューロンネットワークにも変化できる幹細胞文法ニューロンネットワークの法則とメカニズム)を調べようとしています。生物言語学と統合可能な自然科学とは、来るべき未来のブレークスルーを複数回経験し、根本的に変質した後の物理学、化学、分子生物学です。しかし、その統合の種は、既に、現在の生物言語学、物理学、化学、分子生物学の中に存在しています。本書では、その希望の種を思い切って大胆に紹介し論じてみました。チョムスキーが言うように、ヒト脳という1.3kg前後の蛋白質のかたまりの働きの一つである自然言語システムに、無機物の世界に観察される性質(離散無限など)や法則(エネルギー最少の法則など)が関わっていることは、もしそれが本当であるなら、驚くべきことです。その驚きを読者の皆さんとともに味わってみたいと思っています。






単行本: 263ページ
出版社: 三恵社; 初版 (2007/4/16)
言語 日本語
ISBN-10: 488361543X
ISBN-13: 978-4883615438
発売日: 2007/4/16
商品の寸法: 25.6 x 18.2 x 1.4 cm
プロフィール

Yukari

Author:Yukari
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。